太陽光発電に最適な建物の立地条件

太陽光発電に最適な建物の立地条件

太陽光発電は太陽の力を活用することで、効率的に電気を発電することができます。
太陽光発電は日本の多くの場所で取り入れられており、基本的に立地条件で発電効率に違いがあります。
日照によって発電をすることになりますから、当然ながら日当たりがいい場所でないと厳しいです。
仮に自宅に設置する場合も周囲に高い建物があって日当たりが悪くなっていると、発電効率が悪くなるので太陽光発電には向いていないと考えられます。
日本は北海道から沖縄まで幅広い地域が存在しますが、それぞれの地域で気象条件にも違いがある筈です。
一年を通して晴れになる日が多いほうが有利ですし、塩害や雪の被害などを受けない場所であることも大切になります。
海の近くであったり台風の影響によって塩害が発生すると、通常より太陽光発電の劣化が早く進んでしまいますから、ランニングコストの面で不利になってしまう可能性が高いです。
そのため穏やかで晴れの日が続いて、周囲に日照を妨害するような建物がないことが立地条件として求められます。

太陽光発電のおすすめは南向きの片流れ屋根

太陽光発電の発電量を上げるためには、太陽光パネルの設置面積を増やすのがベストです。
設置面積が増えれば増えるほど発電量が増えるため、住宅の屋根もそれに合わせるのが最適とされています。
屋根の形状にはいろいろな形がありますが、最も太陽光発電に適しているのは南向きの片流れ屋根です。
片流れとは片方だけに流れている屋根のタイプで、この形状なら太陽光パネルの設置面積を最大化できます。
複雑な形状だと設置面積が減るため発電量を最大化できず、切妻屋根の場合は最大量を期待できる南側が少なくなるデメリットがあります。
片流れ屋根の場合は全面が南向き、しかも複雑ではなくシンプルな形状のため有効に活用できるでしょう。
これから建築する住宅に太陽光発電を設置したいと考えているなら、屋根はシンプルかつ面積の広い南向きの片流れがおすすめです。
太陽光発電の発電量が増えればそれだけ電力を安定供給できて、安心かつ快適な生活ができます。

筆者:坂内修治

筆者プロフィール

岐阜県大垣市生まれ。
多くの人が知りたい太陽光発電についての情報を発信しています。